青森産ニンニクと中国産ニンニクの違い



青森産ニンニクのこだわり

 

中国はニンニクの生産地として有名であり、世界のニンニクの生産量の約80%を占めているそうです。一方、日本においてニンニクの生産量が一番多いところは青森県です。国内では中国産のニンニクも青森産のニンニクも購入することができますが、その価格の差は非常に大きいものになっています。

 

中国産のニンニクは、青森産のニンニクに比べると断然安いのですが、おそらく開発費や人件費などの経費が抑えられているのでしょう。逆に青森産のニンニクは、高品質なブランド品種となっているため、その価格も高いものとなっているのでしょう。

 

一般的に考えれば、よほどニンニクというものにこだわりを持っていなければ、中国産のニンニクを購入する人の方が多いと思われます。しかし、品質は断然青森産のニンニクの方が勝っていることは確かです。

 

そもそも中国産のニンニクと青森産のニンニクは、同じニンニクでも種類が違っており、青森産のニンニクは度重なる品種改良をしてきたものであるようです。中国といえば中華料理にニンニクを多用しますので、ニンニクにもある程度はこだわってもいいような気がしますが、それ以上のこだわりを持って作られたのが青森産のニンニクなのでしょう。

 

価格競争では到底中国産には敵わないと考え、あえて高品質なものにして勝負しているようにも感じます。